著作権違反は、中国のパクリを笑う権利なし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「自己肯定感」という言葉や概念が認知されてきて、自分が自分らしく生きていくヒントが、多くの人のもとに届くことは素晴らしいことで、本当に良い時代になったと思います。

自己肯定感を伝えようとしている団体や個人は私たちだけではなく、多くの人が伝えようとしているのは日本にとって喜ばしい事ではありますが、エビデンスとなる国内外の文献も読まず、また、実践や検証もせずに、当協会のコンテンツをあたかも自身もしくは自社の考えであるとして発信しているものに関しましては、顧問弁護士と相談し断固たる処置をさせて頂きます。

デジタル時代になり、検索することにより、こっそりやればバレないだろうは通用しない時代です。

当協会のサイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じております。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 母親のイライラが、子どもを不安にさせる
  2. イライラした時の対処法
  3. 幸せホルモン「セロトニン」を味方につける
  4. 日本史・文化から学ぶ、自己肯定感(2)【良寛】
  5. 日本史・文化から学ぶ、自己肯定感(5)【真田昌幸】
  6. 相手に分かってもらえないと自信をなくして、自己肯定感を下げないた…
  7. 心の傷を回復する力は、自己肯定感だった
  8. 同僚の業績に一喜一憂しない「自己肯定感の保ち方」

セミナー開催カレンダー

« 2月 2020 » loading...
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1

最近の記事

アーカイブ一覧

PAGE TOP