ビジネスパースンのための「緊張感と自己肯定感」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ビジネスパースンのみなさんは、上司が同席している会議での発言、客先へのプレゼン、外国の方との打ち合わせなどで、強い緊張感を感じたことはありませんか。ビジネスにおいては緊張を強いられる場面が数多くあります。事前に十分に準備をしていたとしても、「緊張しない!」と自分に言い聞かせても、深呼吸を繰り返しても、まったく効果がなく頭が真っ白になり、言うべきことが口から出てこなくなり、その結果、失敗をしてしまった。もしかしたら、あなたもそんな経験をお持ちかもしれませんね。

緊張は必ずしも悪いものではなく、適度な緊張はパフォーマンスを発揮する上ではプラスに働きます。例えば、プレゼンのときにリラックスし過ぎていると、熱意が伝わらず、インパクトのある話が出来なかったり、相手の反応を見落としたりして十分な成果が得られなくなります。ただ、過度に緊張してしまうと、口ごもってしまい上手く話せなくなり、本来の自分の持っている力を十分に発揮できずに低い評価を受けてしまいます。ですので、ビジネスパースンにとって過度な緊張感を和らげ、ちょうど良い緊張状態を保つことが大切になってくるのです。

実は、緊張と自己肯定感には密接な関係があります。そもそもなぜ緊張するかと言えば、是が非でも上手くやりたい、絶対に失敗したくない、そして自意識過剰状態に陥っていることが多いのです。その気持ちの奥底では他者からどのように思われるかを非常に気にしています。ところが、自己肯定感がある程度高くなると、「失敗したとしてもそれはそれ。失敗するのも自分」、「成否と自分の価値とは無関係」と考えることができるので、過度の緊張感は生じにくくなります。

自己肯定感では、長所や強みだけでなく、短所や弱みを含めて自分を認め受け容れることが非常に大切になります。そのための適切なトレーニング方法を知って実践さえすれば誰もがいつからでも自己肯定感を高めることができ、緊張する度合いが小さくなったと実感するときが必ず来ます。過度な緊張をすることがなくなるだけで、自分の力を最大限に発揮しやすくなりビジネス上のパフォーマンスは向上します。

万が一、意に反して緊張してしまったとしても、自分が緊張していることを受け止めることができれば、それ以上の緊張感が膨らむことは防げます。感情は否定したり抑圧したりするとかえって継続し、増大してしまうのです。緊張している自分も自分なので、そのまま受け容れましょう。素直に認めることで、緊張に振り回されづらくなります。

(文責:林 哲郎

林哲郎講師の担当講座一覧

 

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 子どもを「甘やかす」と「甘えさせる」の違いは?
  2. 部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い!
  3. 自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?
  4. 優しくて愛情のある人ほど、傷を受けやすい
  5. 多くの親は子どもの幸せを願い、子どもを育てます。
  6. 日本史・文化から学ぶ、自己肯定感(2)【良寛】
  7. アグネス・チャンが考える教育法
  8. 自分の価値を認めないと、他人の価値を認められない。

セミナー開催カレンダー

« 5月 2020 » loading...
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

最近の記事

アーカイブ一覧

PAGE TOP