自己肯定感とは

自己肯定感とは?

自己肯定感とは自己価値に関する感覚であり、自分が自分についてどう考え、どう感じているかによって決まる感覚です。

そのままの自分を認め受け入れ、自分を尊重し、自己価値を感じて自らの全存在を肯定する「自己肯定感」の感覚は、何ができるか、何を持っているか、人と比べて優れているかどうかで自分を評価するのではなく、そのままの自分を認める感覚であり、「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在」だと思える心の状態が土台となります。

この感覚を持てると、自分を尊重するように、他者や周りも尊重できます。すると他者からも尊重され、お互いに尊重し合える関係が作れます。

自分は尊重するが、相手や周りは、尊重しない、自分の価値は認めるが、相手の価値は認められない、どちらかというと自分さえよければいいと身勝手な思考、行動をとりやすい傾向の人は「自己肯定感」が高いとは言えません。

又、自己肯定感が高いことは、今の自分に妥協して成長を止めたり、傲慢になることではなく、どんな自分であっても、今の自分を受け入れることで、恐れや不安や自己否定からではない、安心感をベースにした真の意欲とともに、前に進む力を与えてくれるものです。

どんな自分も受け入れ、肯定することで、外側からの評価で揺らされることなく、自分軸で自分の価値を感じ、自己承認できる力のことを当協会では「自己肯定力」といいます。自己肯定力が高まると感情が安定し、物事を肯定的に捉え、何事にも意欲的になれます。「自己肯定力」は自己を信頼できる自信の源となります。

自己肯定感は、高い、低いと表現されますが、自己肯定感が高いから良い、低いから悪いということではありません。この感覚は人の優劣を決めるものではありませんが、この感覚が高いか、低いかが人の人生に与える影響は大きくなります。

「セルフエスティーム(self-esteem)」は「自己肯定感、自尊心、自尊感情、自己評価、自己有用感、自己重要感」と日本語訳されます。この言葉ひとつひとつを厳密に使い分けることもできますが、当協会では、「自己肯定感」という用語で広くとらえております。

自己肯定感が高い人の傾向は?

・自分に対して安心感がある
・自信があり、能動的
・周りに振り回されない、
・物事を肯定的に受け止められる
・自然な意欲で行動に移せる
・自分を肯定的にみられる
・物事を肯定的に受け止められる
・自分を尊重するように他者も尊重できる
・人との違いを受け入れられる
・感情が安定している
・生きるのが楽
・問題解決能力が高い
・失敗を成長の糧にしていける
・他者の意見を聞くことができる
・人の評価に振り回されない
・人をジャッジしない
・人間関係が良好
・自分の考え(意見)を伝えられる
・自分の人生は自分で決めている感覚
・主体性が高く、自分軸

自己肯定感が低い人の傾向は?

・不安や怖れを持ちやすい
・自信がなく、受身的
・他人の評価で自分を判断する
・人に評価してもらわないと不安
・他人の評価に振り回される
・人と比べて、落ち込みやすい
・他者の意見を聞くことができない
・自分を否定的に見る
・物事を否定的に受け止めやすい
・自分で自分を満たせない。
・他人をジャッジする、
・生きにくさがある
・人間関係にトラブルを抱えやすい
・失敗すると自己価値まで否定しがち
・自分がジャッジされる不安をもつ
・人との違いを認められない
・自分を正当化しないと不安
・他者に対して批判的傾向
・自分の考え(意見)が言えない
・問題解決能力が低い
・罪悪感を持ちやすい
・自分の人生は他人に決められている感覚
・主体性が低く、他人軸

「自己肯定感が高い」と「自分勝手」の違いは?

自己肯定感を高めることを『自分勝手になることなのではないか?』と心配されることがありますが、それは違います。自分勝手は「自分さえ良ければいい」という感覚です。

自己肯定感が持てていない偏った自己愛は、自分は尊重しても、相手や周りは尊重しない、自分の価値は認めても、相手の価値は認められないことです。

人とのバランスが推し量れず、どちらかというと自分さえよければいいと身勝手な行動をとりやすい傾向の人は、真の自己愛が持てている(自己肯定感が高い)とは言えません。

自己肯定感が高く、真の自己愛が持てていると、身勝手な自己愛ではなく、自分を大切に、尊重し、価値があると思うように、同じように相手を尊重し、相手にも価値があると思えるのです。

これは、自己肯定感が高まると自然にそうなるものですが、自分に向けた愛を、同じように周りにも向けられているかが大切になります。

人生の質を左右する自己肯定感

自己肯定感は人が生きていくうえで一番土台となる大切なものです。

なぜなら、「自己肯定感」は、仕事や収入、職場での人間関係や結婚や恋愛でのパートナーシップ、自己実現などの人生のあらゆる部分に影響を与え、人が生きていく上での幸福感や満足度を決定づけていくからです。

日々の生活の中で、仕事で成果を上げ、人間関係が良好で、自分の望みや夢を次々と実現し、望ましい現実を手にいれて楽しそうに人生を歩んでいる人と、そうでない人の違いは、能力や才能、置かれた環境以前に「自己肯定感」が高いか低いかが大きく明暗を分けています。

例えば、今の自分をなんとかしたいと思い、「自分は成功する」「自分は素晴らしい」「自分はできる」と自分が望む状態をアファメーションしたとしても、根底に自己肯定感が持てていないと、かえって逆効果になることがあるのです。

何かを成し遂げたり、能力を高める努力をしても、そのベースに「自己肯定感」がないと、努力はなかなか報われず、どんなに能力を高めても、その能力を発揮することは難しくなります。

恋愛や結婚においても「自己肯定感」が持てていないと、相手と良好な関係を築くことができません。

あなたの人生のあらゆる部分に必ず影響を与えているのが「自己肯定感」です。

自己肯定感が高いと、自信を持って生きていけます。人との関係においても、自分を信頼できるので、人も信頼でき、人からも信頼されるという関係性を築いていけるので、仕事や職場、家庭でもよい影響が出てきます。

自己肯定感が低いと、自信が持てないことで、人間関係で悩むことも多くなり、生きていく様々な場面で、希望を持ち意欲的な行動がとりにくくなります。

「自己肯定感」を知らずに、人生にどんな影響を与えるかを知らないで生きる人生と、「自己肯定感」をしっかり理解して、それを高い状態で歩める人生では、得られる成果や結果は大きく違ってしまうのです。

自己肯定感はどう高めていける?

「自己肯定感(セルフエスティーム)」は誕生してから長い時間をかけて、多くの複雑な要因がからみあい、育った環境や人生経験と作用しあって形成されます。

子どもの最初の自己肯定感は、生まれてから3,4歳までの親の子どもに対する言葉がけ、働きかけ、育て方により決定するといわれ、その後、12歳ぐらいまでに「自分はどういう人間であるか」という自己認識(能力や価値、他者との人間関係、知性、感情などをどう感じているか)と共に、自己肯定感のベースは決まってきます。

本来、はじめから自己肯定感がない子どもはいません。

子どもはみな自己肯定感を持っています。

ただし、育つ環境で、もともとあった自己肯定感は低くなっていくのです。

「子どもの心はやわらかく素直です。どんな子どもであっても親や周りの人間に無視されたり、否定されたり、認めてもらえず、怒りをぶつけるように叱られたりする、接し方で、子どもの自己肯定感はじりじりと確実に下がる」と、慶応義塾大学医学部小児科教授の高橋孝雄氏は著書「小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て」の中で述べています。

高橋氏が小児科医として関わってきたASD(自閉症スペクトラム)やADHD(注意欠如多動症)の子どもたちは、感情のコントロールが苦手だったり、表情が豊かではなかったりもしますが、よく見ていると、もって生まれた自己肯定感が低いようには思えないといいます。

その子たちが大人たちや周りの子どもたちから、否定され、けなされる、そんな状態が長く続くことによって、自己肯定感が知らず知らずに崩れ、失われる。環境を整えずに我慢を強いたり、ストレスを与え続けることによって、本来の障害とは質や程度の異なる問題が生じるというのです。

さらに、「子どもを幸せに導く3つのチカラ」は、誰かの気持ちに寄り添える「共感力」、自分のことを自分で決める「意思決定力」と生まれてきてよかった、生まれてきてよかった、自分は自分でいい、と感じる「自己肯定感」だといいます。

子どもがやがて成長したとき、社会的に成功するかどうか、幸せな人生を手に入れるかどうか、自分は自分で良かった、生まれてきてよかったと感じられるか、それは、関わった人たちの人間力にかかっているといいます。すなわち、関わる人の「自己肯定感」が大きく影響しているのです。

その中でも高橋氏は母親自身の自己肯定感が子どもに大きな影響を与えており、子どもの自己肯定感を育んでいく最大の力は、母親自身の自己肯定感だと述べています。

親の自己肯定感が、子どもの自己肯定感に大きく影響し、子どもの自己肯定感を高める鍵を握っているというのはいうまでもありません。

しかし、多くの人は、親から十分な自己肯定感を育てられずに大人になっています。

親の自己肯定感は、そのまた親である祖父母の自己肯定感を受け継いでいます。

そのため、子どもは、幼少期から親や養育者から愛情を受け、自分が無条件に受け入れられているという経験を積み重ね、子ども自身が自らの全存在を肯定していくことで育まれる「絶対的な自己肯定感」の土台がないまま、大人になっている人がほとんどなのです。
この「絶対的自己肯定感」が持てていないと、「自分のアイデンティティ」に目を向け、自分の長所のみならず、短所を含む部分を、自分らしさや個性として冷静に受け止めることができません。自己受容ができないのです。

そのために自己価値を「成果や結果、能力や才能」という、自分が獲得する付属するものによってしか支えることができなくなり、それを追い求めるようになります。しかし、それらは、いくら獲得しても、達成しても、根底にある不足感を拭うことができないため、いっこうに満足を与えてはくれるものにはなりません。それが生きづらさにつながっていくのです。

ただし、たとえ子どもの頃、自己肯定感を十分に高められる環境になかったとしても、自己肯定感が低いまま大人になったとしても、そこに気づき、土台となる自己肯定感を高めることに意識を向けることができれば、何も心配することはありません。

なぜなら自己肯定感はスキル(技術)として、誰もがいつからでも自分で高めることができるからです。

たとえ大人になって、自己肯定感が低いと感じていた人でも、「自己肯定力」を高める方法を知り、トレーニングをすれば、誰もがいつからでも、挽回できるのです。

この方法を、当協会では、講座を通してお伝えしています。

「自己肯定力」を上げるトレーニングは、効果を実感するまで、地味で時間がかかります。それはアスリートが取り組む「体幹トレーニング」のようです。それは、一朝一夕ですぐに身につくものではありませんが、継続することにより獲得することができるのです。

自分が望む人生を創り上げていく土台となるのが「自己肯定力」です。自己肯定感という「心の体幹」ができると、人生のあらゆる部分に良い影響を与えます。これは自分を幸せにするだけではなく、周りにも良い影響を与え、周りの人も幸せにしていくことができるのです。

大人になってから「自己肯定感」を高めるには?

大人になってからも、スキルとして高めていける「自己肯定感」のトレーニングにはどのようなステップがあるのでしょう?
当協会でお伝えしている「自己肯定感の5つの構成要素」でご説明します。

1.自分を認める
2.自分を受け入れる
3.自分を大切にする
4.自分に価値を感じる
5.自分を信頼する

「自己肯定感」高めるトレーニング

ステップ1「自分を認める」
「自己肯定感」は、自分を自分がどう思うかの感覚であり、自分のよいと思える部分だけでなく、自分のダメだと思えるところや好きでないところ、短所と思える部分も含めて、ありのままの自分を認めることです。
それは自分に妥協して開き直り、傲慢になることではありません。

ステップ2「自分を受け入れる」
これは、自分のよい面だけを見て、その自分を受け入れようとしても、自分の好きでないところも含めて、自分を認められていないと「受け入れる」ということに抵抗が生まれやすく、自分を好きになろうとしても難しいのです。

ステップ3「自分を大切にする」
「自分を大切にする」とは、心身ともに自分を心地よくすることはもちろん、自分の健康に意識を向けること、自分自身を理解すること、自分の一番の味方になることも含まれます。

自分を理解することには、「感情」の理解も含まれます。
自己肯定感を高める上で「感情」を切り離して考えることはできません。

自分を認め受け入れて、自分を大切にすることができると、自己肯定感のベースとなる部分が少しずつ整ってきます。

ステップ4「自分に価値を感じる」
自分の存在価値は、何ができるとか、何を持っているかに左右されないものですが、「自己肯定感」を高めるステップの1~3を土台として持てると、自分の努力や成果を認めることで自己価値を感じ、他者から褒められたり、認められたり、肯定的な評価を与えられたものを、自らの成功体験として積み上げていくことができます。これが自信へとつながります。

ステップ5「自分を信頼する」
「自分を信頼する」とは、自分を無条件に信じることができることです。
自己信頼が高くなると、自分がやることは上手くいくという感覚が持てるので、ゆるぎない自信と共に「自己効力感」を持てるようになります。

当協会の自己肯定感を高めるメソッドとは?

当協会でお伝えしている自己肯定感を高める方法は、代表理事の工藤が1994年より「自己肯定感」の研究を続け自ら実践し効果が得られたものを「自己肯定感」を高める「ラブマイセルフ・メソッド®」として確立しました。すでに2万人以上の方々が実践し、2013年より企業や教育現場でも取り入れられています。

当協会では、認定講師による「自己肯定力」の数々のプログラムをご提供しています。また、企業様での研修、教育現場での教員の方に向けた研修や、生徒や保護者の方に向けた講演にも力を入れております。当協会では、自己肯定力を高めるお手伝いも行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

次の項目では、「今、なぜ日本で「自己肯定感」がますます必要とされているのか?」をお伝えしたいと思います。

※当協会では「自己肯定感」をスキルとして高めていくとき「自己肯定力」とお伝えしています。

(文責:当協会代表理事 工藤紀子)

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

「5時に夢中!」で取材をしていただきました。

セミナー開催カレンダー

« 7月 2019 » loading...
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
19

「自己肯定力」入門講座〔小田原〕7月18日

7月 18日 @ 6:00 PM7月 22日 @ 8:00 AM
19
19

ベーシック講座〔高松〕7月19日

7月 19日 @ 10:00 AM4:30 PM
19

最近の記事

PAGE TOP